鉄道ネタ

【危険信号】防護無線とは?【列車を止めろ!】

ひすまる
ひすまる
それでは皆様、ご安全に!

鉄道を利用していて列車が急停車した、なんて経験をお持ちの方は結構いらっしゃるのではないかと思います。

「緊急停止を知らせる無線を受信したため停車しています」

なんてアナウンスにイライラした経験、ありませんかね。

今日はその「緊急停止を知らせる無線」について書きたいと思います。

・防護無線とは何たるものぞ??

・無線はどこまで飛んでいく?

・でも本当は…



防護無線とは何たるものぞ

鉄道運行では、常に平穏無事に始発から終電まで終わるわけではありません。
もちろんそうなるように毎日頑張ってはいるのですが…

残念ながら、鉄道にトラブルは付き物です。

脱線事故のような重大なものから、人身事故や線路・信号の故障、あるいは走行中に置き石を踏んだなど、様々なトラブルが起こりえます。

このようなトラブル発生時に我々乗務員が真っ先にしなければならないこと…

それは、周辺の列車を止めることです。

トラブル(事故)の現場に他の列車が近づくと、多重事故に発展する恐れがあります。
悲しいかな、鉄道の歴史ではそういった事故が起きた過去もあるのです。
それだけは絶対に防がなければなりません。

周辺の列車を止める…そのために使われるのが今回ご紹介の防護無線です。

運転中、例えば人身事故が発生したり(最近多いですね…)、何かとぶつかって異常な音がしたりした場合、運転士は防護無線のボタンを押します。
すると、周辺へ無線が発報されます。

この無線を受信した列車は、直ちに非常ブレーキを扱い、どこを走っていようが問答無用で停まらなければなりません。

これで、トラブルの現場に周辺の列車を進入させずに止めることができるわけです。
他の列車に、直ちに止まれと知らせるものですね。

無線はどこまで飛んでいく

周辺の列車を止めるって言っても、周辺ってどのくらいの範囲なの?
黒ひす
黒ひす

最初にこの仕組みを勉強した時、私はこう思いました。

教科書的には、防護無線が受信できる範囲は、発報元から半径約1kmという設定になっています。

なぜ半径1km?
黒ひす
黒ひす

在来線では、かつて最高速度で走っている時に非常ブレーキをかけて、600メートル以内に止まれなければならない、という規定がありました。
(600メートル条項。廃止された今も本条項に準ずる標準規制が規定されている)

ということは、トラブルの現場で半径1キロ圏内に無線を飛ばしてしまえば、周辺の列車はトラブルの現場に着く前に止まるだろう、という考えです。

でも本当は…

さて、先ほど防護無線の範囲は「教科書的には」半径1kmと書きました。

しかし実際のところ…

その何倍も飛んでる…
というのが経験上言えることです。

防護無線の正体は電波ですが、天候や風向きなどで届く範囲は変わってきます。
他には、川沿いなんかも水面を飛んでくるのか、広い範囲に飛んできます。

また、首都圏は高架線が多く、高いところから発報されるとこれがまぁよーく飛びます。

最近は高架化が進んでいる路線も多いため、防護無線を受信して止まる範囲がどうしても広がってしまいます。

ひすまる
ひすまる
安全上、どうしても必要なシステムなのでどうかご理解下さい

まとめ

・事故発生時にまずやることは周辺の列車を止めること

・そのために必要な機器が防護無線

・電波なので条件次第では予想以上に飛ぶ

いかがでしたでしょうか。

簡単にまとめると、防護無線とは他の列車に対して近付くな!と危険を知らせる信号であるということです。

2次災害を防ぐための危険信号ですので、受信して止まってしまってもどうか大目に見て…とも言えませんが、こんなシステムなんだということが分かって頂けたら嬉しいです。

それでは今回はここまで。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

この記事をSNSでシェア!
ABOUT ME
ひすまる@運転士
HN:ひすまる@運転士 年齢:1987年早生まれ30代 出身:東北地方(大学卒業まで) 家族:妻と子供2人 仕事:電車運転士 Twitter:@Hys22978629